インプラント治療をする前に知っておくべき医療費控除の話

メリットだらけの医療費控除

>

医療費腔除とは

インプラント治療について

ここではインプラントについてご説明をいたします。

インプラントとは顎骨にインプラント体を埋め込み、そして人工の歯を取り付ける治療のことをいいます。
続いてインプラントの構造についてご説明いたします。インプラントはインプラント体、アバットメント、上部構造体の3種類に分かれます。インプラント体は顎骨に埋め込まれるものとなります。アバットメントはインプラント体と人工の歯をくっつける器具となります。そして上部構造体は人工の歯となります。

人工の歯にも数種類、存在いたします。
種類といたしましてはゴールド素材、メタルボンド素材、パラジウム合金素材などが挙げられます。この他にもさまざまな種類の素材が存在いたします。
また、インプラントを行うためにはいくつかの検査を受けなければなりません。

治療前の検査

次にインプラントを行う為に必要な検査をご説明いたします。

インプラント治療の前には必ず検査をしなければなりません。
まず検査といたしまして口腔内検査が挙げられます。口腔内検査ではお口の中の状態を把握する為に行います。虫歯などがあった場合にはインプラント治療ができないためみなさまのお口の中の状態を確認し、健康であるかどうかの確認を行います。
次に血液検査が挙げられます。血液検査にて糖尿病などが見つかった場合にはインプラント治療を受けることができない恐れがあります。次にアレルギー検査が挙げられます。インプラント治療によって金属を扱うことがあるため金属アレルギーがないかなどを確認します。
最後に画像検査が挙げられます。画像検査では顎骨の形状などを確認します。

以上のような検査を受けたうえでインプラント治療は行われます。


TOPへ戻る