インプラント治療をする前に知っておくべき医療費控除の話

メリットだらけの医療費控除

>

費用の一部が戻ってくる

費用を抑える方法

保険が適用されないインプラント治療。
では、費用が安くなる方法はないのかと思われる方もいらっしゃるかと思います。

インプラント治療では保険が適用されませんが、医療費腔除を利用することによって費用を軽減することができます。
医療費腔除では申請をするとかかった費用の一部金額が戻ってくるという制度になります。そのためみなさまの負担を減らすことができます。

しかし、医療費腔除を利用する際にはいくつかの注意点が存在致します。次に注意点についてご説明をいたします。
まず還付は1年間で治療費などが10万円以上、支払いが行われている場合となります。治療費などが1年間で10万円より低い金額の場合だと医療費腔除の利用をすることができませんので注意をしておくようにしましょう。

10万円よりも低ければ対象外

医療費腔除の注意点といたしまして1年間で治療費が10万円より低い金額の場合だと医療費腔除を利用できないということをお伝えいたしました。

この他にもいくつかの注意点が存在いたします。次に注意点といたしまして確定申告をしなければならないということです。確定申告書が必要書類の一つとなるため確定申告を行い、確定申告書を準備しなければなりません。

次にインプラント治療に行くためにかかった費用も医療費腔除の対象となるので忘れないようにしましょう。
しかし、対象となる交通費は公共交通機関の利用のみとなります。お車で治療に行かれた場合の駐車料金やガソリン代といったようなものは医療費腔除の対象範囲外となりますので注意をするようにしましょう。またタクシー代金も対象範囲外となるため注意をしましょう。


TOPへ戻る